English | 中文 | Español | 日本語

Hotline:+86-371-55689814

2218 2618 2618Aアルミ合金鍛造品

2218は飛行機のエンジンとディーゼルエンジンのピストン、飛行機のエンジンシリンダーヘッド、ジェットエンジンのインペラとコンプレッサーリングを鍛造するのに適しています。
 
 
2618は熱処理強化型の耐熱変形アルミニウム合金で、作業温度は250℃に達し、150℃以下の長期作業用の超音速航空機を製造するための力受け構造部品で、機体と翼蒙皮構造、尾翼のようなものである。作業温度は150℃領域を超えない低音飛行機の部品と部品である。温度は250℃を超えないジェットエンジン部品である。


2618Aアルミ合金鍛造品
 
2618 AはAl-C-My-Fe-Ni系耐熱鍛造アルミニウム型の優良合金で、熱処理強化が可能です。この合金の化学成分は2A70合金と似ています。各性能も2A70とほぼ同じです。耐熱性が高く、冷熱加工が優れています。合金の耐食性は固溶処理を経て人工時効をかけて明らかに向上したが、結晶間腐食傾向がある。溶接性は中ぐらいで、切削加工性がいいです。
 
2618 アルミ合金鍛造品
 
2618 Aアルミニウム合金は内燃機関ピストンの製造及び200-250℃の温度で作動する形状の複雑な鍛造品に用いられます。例えば、圧気機の葉輪、鼓風機の葉輪、タイヤ型、飛行機のエンジンの高温作業部品などです。
 
2618 A合金はT 61の状態で、モールドの布氏硬度は115 HBWである.
 
                                                            2618 Aアルミニウム合金の化学成分
合金 Si Fe Cu Mn Mg Cr Ni Zn Ti Zr         その他 Al
単一 合計
2218 0.9 1.0 3.5~4.5 0.2 0.2~1.8 0.1 1.7~2.3 0.25 ~ ~ 0.05 0.15 余量
2618A 0.15~0.25            0.9~1.4 1.8~2.7 0.25 1.2~1.8 ~ 0.8~1.4 0.15 0.20 ~ 0.05 0.15 余量
2618 0.10~0.25 0.9~1.4 1.8~2.7 0.25 1.2~1.8 ~ 0.8~1.4 0.15 0.2 ~ 0.05 0.15 余量
 



 2618 2618Aアルミ合金鍛造品
   
 
2618Aアルミニウム合金鍛造品T 61の状態が異なる製品の室温引張性能
類別 寸法/mm 方向 引っ張り強度Rm/MPa 塑性延長強度規定 Rp0.2/MPa 伸び率A
(%)
鋳型锻件 厚≤100   400 310 4
  380 290 4
平锻件 ≤50 縦方向 400 325 7
  長横 380 290 5
短横向 360 290 4
51-76 縦方向 400 315 7
  長横 380 290 5
短横向 360 290 4
77--100 縦方向 385 310 7
  長横 365 275 5
短横向 350 270 4
圧延円 厚≤63 切向 380 285 6
轴向 380 285 5
 
2618 Aアルミニウム合金は固溶熱処理を行う時、固溶加熱温度を厳格に制御し、温度が上限に達すると、アルミニウム合金の結晶粒を成長させやすく、アルミニウム合金の過熱発生の危険温度に近い。
 
 
冷却媒体の温度はこの合金の機械的性質と硬さに影響を与え、焼き入れ時の水温は40℃を超えてはいけない。
 
 
2618 Aアルミニウム合金の再熱状態は良好なプロセス塑性を持ち、ハンマー鍛造と油圧機を用いて各種の自由鍛造と鋳型鍛造が可能です。鍛造温度は450-350℃である。
 
 
類別 合金 投影面積(㎡)または重量(kg) 質別 生産標準
自由锻件 5000番 ≤3000kg O、F GBn223
    ASTMB247
2000、6000、7000番 ≤3000kg T6、T4、O、F
模锻件 5000番 ≤2.5m2 O、F
2000、6000、7000番 ≤2.5m2 T6、T4、O、F
 
 

Copyright @ 2016-2029 Henan Chalco