English | 中文 | Español | 日本語

Hotline:+86-371-55689814

6063 6063Aアルミ合金鍛造品

6063と6063Aはどちらも熱処理可能なAl-Mg-Si鍛造アルミニウム合金です。 6063Aの合金は6063のアルミニウム合金より厳密な化学成分そして質の良質品です。 2つのアルミニウム合金は、溶体化熱処理および時効処理の後、中強度および高い可塑性を有する。 この合金の耐食性は6061アルミニウム合金のそれよりわずかに優れています。 溶接性は良く、合金の切削性能はやや低いです。


6063 アルミ合金鍛造品
 
6063および6061アルミニウム合金は、特に建築業界で幅広い用途で使用されている国際的に使用されているアルミニウム合金で、現代の高層ビルはこれら2つの合金から切り離せません。 それはドア、窓およびガントリーのような軽い構造の構造部品を作り出すのに主に使用されます;それはまた移動式家、医療および健康供給、事務機器、等で促進され、使用されました。 自動車、ボート、機械部品など、高い耐食性と優れた溶接性を必要とする構造部品の製造にも使用されます。
 
 
6063アルミ合金の室温における引張特性と硬度
質別 引っ張り強度Rm/MPa 塑性延長強度規定 Rp0.2/MPa 伸び率A
(%)
硬度HBW
O 90 48 - 25
T1 152 90 20 42
T4 172 90 22 -
T5 186 145 12 60
T6 241 214 12 73
T83 255 241 9 82
T831 207 186 10 70
T832 290 269 12 95
 

6063Aアルミ合金鍛造品
    
6061アルミニウム合金の高温引張特性
質別 温度/℃ 引っ張り強度Rm/MPa 塑性延長強度規定 Rp0.2/MPa 伸び率A
(%)
T4 100 152 97 18
150 145 103 20
205 62 45 40
260 31 24 75
315 23 17 80
370 16 14 105
T5 100 165 138 18
150 138 124 20
205 62 45 40
260 31 24 75
315 23 17 80
370 16 14 105
T6 100 214 193 15
150 145 133 20
205 62 45 40
260 31 24 75
315 23 17 80
370 16 14 105
 
 
6061アルミニウム合金の低温引張特性
質別 温度/℃ 引っ張り強度Rm/MPa 塑性延長強度規定 Rp0.2/MPa 伸び率A
(%)
T4 -196 234 110 44
-80 179 103 36
-28 165 97 34
25 152 90 33
T5 -196 255 165 28
-80 200 152 24
-28 193 152 23
25 186 145 22
T6 -196 324 248 24
-80 262 228 20
-28 248 221 19
25 241 214 18
 
 
6063および6063A合金は熱い状態で高い加工塑性を有し、そして種々の断面形状の異形および鍛造品に押出しまたは鍛造することができる。
 
T5状態の部品では、人工時効強化処理温度を185〜200℃に上げ、1時間維持することができます。
 
類別 合金 投影面積(㎡)または重量(kg) 質別 生産標準
自由鍛造品 5000番 ≤3000kg O、F GBn223
    ASTMB247
2000、6000、7000番 ≤3000kg T6、T4、O、F
鋳型部品
(金型鍛造品)
5000番 ≤2.5m2 O、F
2000、6000、7000番 ≤2.5m2 T6、T4、O、F
 
 

Copyright @ 2016-2029 Henan Chalco