English | 中文 | Español | 日本語

Hotline:+86-371-55689814

A6000番アルミ合金板鍛造品

6A02アルミ合金鍛造品

 
6A02は、熱処理と強化が可能なAl-Mg-Si展伸アルミニウム合金です。 固溶化処理および時効処理の後、アルミニウム合金は中強度、焼鈍状態での高塑性、熱間状態での高塑性、ならびに容易な鍛造および打ち抜き加工を有する。 それは良好な耐食性を有しそして防錆アルミニウム3A21および5A02の耐食性と類似しているが、粒界腐食する傾向がある。 アルミニウム合金はスポット溶接および原子状水素溶接が容易であり、ガス溶接性能は依然として良好である。 焼鈍状態での被削性は悪く、焼入れや時効処理後も問題ありません。
 
6A02中程度の荷重に耐えるために高い塑性と高い耐食性を必要とする部品の製造に業界で広く使用されている鍛造アルミニウムであり、空冷エンジンのクランクケース、ヘリコプターなどの複雑な形状の鍛造品の製造にも使用できます。 航空機用ブレード、航空機用エンジン部品、複合鍛造品および金型鍛造品には、高い塑性および高い腐食性を有する機械部品が必要であり、その部品の使用温度範囲は-70〜50℃です。
 
アルミニウム合金のブリネル硬さは、O状態で30HBW、T4状態で65HBW、T6状態で85〜95HBWである。
 
6A02アルミ合金鍛造品の高温引張性能
類別 質別 方向 抗拉强度Rm/MPa 规定塑性延伸强度 Rp0.2/MPa 伸长率A
(%)
自由鍛造品 T6 縦方向 275 -- 10
鋳型部品
(金型鍛造品)
T6 縦方向 295 215 12
 
 
6A02アルミニウム合金溶体化処理と人工時効処理、2つのプロセス間の時間間隔は、その機械的性質を回避するために、6時間未満でなければなりません。
 
重荷重と交互荷重を受ける部品の場合、人工時効処理は150〜160℃で、保温は8時間です。 これにより、部品の強度は低下するものの、引張強度と降伏強度との差が大きくなり、塑性が向上し、部品の加工性を向上させることができる。
 
6A02アルミニウム合金は、鍛造が容易な高温状態で高い加工塑性を有し、その鍛造温度範囲は470〜380℃です。
 
類別 合金 投影面積(㎡)または重量(kg) 質別 生産標準
自由鍛造品 5000番 ≤3000kg O、F GBn223
    ASTMB247
2000、6000、7000番 ≤3000kg T6、T4、O、F
鋳型部品
(金型鍛造品)
5000番 ≤2.5m2 O、F
2000、6000、7000番 ≤2.5m2 T6、T4、O、F
 

6061アルミ合金鍛造品

 
6061は、熱処理および強化することができるAl − Mg − Si鍛造アルミニウム合金である。 この合金は、溶体化熱処理および時効処理の後、中強度および高い可塑性を有する。 この合金は良好な耐食性および溶接性を有するが、耐食性は6A02合金のそれよりわずかに劣り、そして6061合金被覆アルミニウム製品の耐食性は著しく改善される。 その被削性はやや低い。
 
6061および6063アルミニウム合金は、特に建築業界で幅広い用途で使用されている国際的に使用されているアルミニウム合金で、現代の高層ビルはこれら2つの合金から切り離せません。 ドアや窓、ガントリーなどの軽構造物の構造部品の製造に主に使用されます。トラック、列車、ヨット機器の構造部品やタワーなど、高い腐食性、優れた溶接性、および中強度を必要とする構造部品の製造に使用されます。 パイプ構造などは現在、自動車やオートバイのコントロールアーム、ハブ、自転車部品などの鍛造品に広く使用されています。
 
 
      異なる温度における6061アルミ合金鍛造品の低温引張特性
質別 温度/℃ 引っ張り強度Rm/MPa 塑性延長強度規定 Rp0.2/MPa 伸び率A
(%)
T6、T652 -196 414 324 22
       -80 338 290 18
       -28 324 283 17
       25 310 276 17
 
      異なる温度における6061アルミ合金鍛造品の高温引張特性
質別 温度/℃ 引っ張り強度Rm/MPa 塑性延長強度規定 Rp0.2/MPa 伸び率A
(%)
T6、T652 100 290 262 18
150 234 214 20
205 131 103 28
260 51 34 60
315 32 19 85
370 24 12 95
 
 
圧延材料または引抜き材料で作られた部品は、160℃で18時間人工的に時効処理され、押出しまたは鍛造部品で作られた部品は、175℃で8時間人為的にエージング処理されます。
 
6061アルミニウム合金は再加熱条件下で高い加工塑性を有し、様々な鍛造品を製造するための自由鍛造および型鍛造に適している。
 
類別 合金 投影面積(㎡)または重量(kg) 質別 生産標準
自由鍛造品 5000番 ≤3000kg O、F GBn223
    ASTMB247
2000、6000、7000番 ≤3000kg T6、T4、O、F
鋳型部品
(金型鍛造品)
5000番 ≤2.5m2 O、F
2000、6000、7000番 ≤2.5m2 T6、T4、O、F
 

6063 6063Aアルミ合金鍛造品

6063と6063Aはどちらも熱処理可能なAl-Mg-Si鍛造アルミニウム合金です。 6063Aの合金は6063のアルミニウム合金より厳密な化学成分そして質の良質品です。 2つのアルミニウム合金は、溶体化熱処理および時効処理の後、中強度および高い可塑性を有する。 この合金の耐食性は6061アルミニウム合金のそれよりわずかに優れています。 溶接性は良く、合金の切削性能はやや低いです。
 
6063および6061アルミニウム合金は、特に建築業界で幅広い用途で使用されている国際的に使用されているアルミニウム合金で、現代の高層ビルはこれら2つの合金から切り離せません。 それはドア、窓およびガントリーのような軽い構造の構造部品を作り出すのに主に使用されます;それはまた移動式家、医療および健康供給、事務機器、等で促進され、使用されました。 自動車、ボート、機械部品など、高い耐食性と優れた溶接性を必要とする構造部品の製造にも使用されます。
 
 
6063アルミ合金の室温における引張特性と硬度
質別 引っ張り強度Rm/MPa 塑性延長強度規定 Rp0.2/MPa 伸び率A
(%)
硬度HBW
O 90 48 - 25
T1 152 90 20 42
T4 172 90 22 -
T5 186 145 12 60
T6 241 214 12 73
T83 255 241 9 82
T831 207 186 10 70
T832 290 269 12 95
 
 
6061アルミニウム合金の高温引張特性
質別 温度/℃ 引っ張り強度Rm/MPa 塑性延長強度規定 Rp0.2/MPa 伸び率A
(%)
T4 100 152 97 18
150 145 103 20
205 62 45 40
260 31 24 75
315 23 17 80
370 16 14 105
T5 100 165 138 18
150 138 124 20
205 62 45 40
260 31 24 75
315 23 17 80
370 16 14 105
T6 100 214 193 15
150 145 133 20
205 62 45 40
260 31 24 75
315 23 17 80
370 16 14 105
 
 
6061アルミニウム合金の低温引張特性
質別 温度/℃ 引っ張り強度Rm/MPa 塑性延長強度規定 Rp0.2/MPa 伸び率A
(%)
T4 -196 234 110 44
-80 179 103 36
-28 165 97 34
25 152 90 33
T5 -196 255 165 28
-80 200 152 24
-28 193 152 23
25 186 145 22
T6 -196 324 248 24
-80 262 228 20
-28 248 221 19
25 241 214 18
 
 
6063および6063A合金は熱い状態で高い加工塑性を有し、そして種々の断面形状の異形および鍛造品に押出しまたは鍛造することができる。
 
T5状態の部品では、人工時効強化処理温度を185〜200℃に上げ、1時間維持することができます。
 
類別 合金 投影面積(㎡)または重量(kg) 質別 生産標準
自由鍛造品 5000番 ≤3000kg O、F GBn223
    ASTMB247
2000、6000、7000番 ≤3000kg T6、T4、O、F
鋳型部品
(金型鍛造品)
5000番 ≤2.5m2 O、F
2000、6000、7000番 ≤2.5m2 T6、T4、O、F
 

6151アルミ合金鍛造品

6151アロイT6 T652アルミニウム鍛造品は一般に、良好な鍛造性、高強度および良好な耐食性を有する、型鍛造クランクシャフト部品、機械部品ならびにローリングリングガイドおよび機械部品の製造に使用されている。優れた鍛造性、高い強度、優れた耐食性を必要とする部品はすべてこの合金で加工することができます。
 
プロセス特性
6151型合金の焼鈍仕様は413℃/(2h〜3h)であり、炉は27℃/ h以下の冷却速度で260℃まで冷却され、その後空冷される。溶体化処理温度(510℃〜525℃)/ 4分、室温水中で急冷し、大鍛造品は水中で65℃〜100℃で急冷する。人工エージング仕様(165℃〜175℃)/(8時間〜12時間)熱間加工温度は260℃〜480℃である。
 
機械的性質
6151合金の最も低い機械的性質、サンプルのゲージ長は50mmまたは4dです(dはサンプルの直径です)。 6151合金は低温脆性がなく、25℃での引張強度Rm = 330N / mm2、降伏強度Rp0.2 = 298N / mm2、伸びA = 17%の極低温で加工する部品の加工に使用できます。温度が200℃に低下すると、性能はそれぞれ395N / mm 2、345N / mm 2、および20%に上昇した。 6151合金の使用温度は120℃を超えてはいけません。
 
6151アルミ合金鍛造品化学成分:
 
Alloy Si Fe Cu Mn Mg Cr Ni Zn Ti Ga Others Alu
Each Toal  
6151 0.6--1.2 1.0 0.35 0.20 0.45--0.8 0.15--0.35 -- 0.25 0.15 -- 0.05 0.15 Remainder
 
 
6151アルミニウム合金鍛造品の引張機械的性質
質別 引っ張り強度Rm/MPa 塑性延長強度規定 Rp0.2/MPa 伸び率A
(%)
鋳型
鍛造品 T6
軸は晶粒の流れに平行である。 303 225 14
軸は晶粒の流れに平行である。 303 255 6
圧延円環T6、T652    切向 303 255 5
軸向 303 241 4
径向 290 241 2
 
類別 合金 投影面積(㎡)または重量(kg) 質別 生産標準
自由鍛造品 5000番 ≤3000kg O、F GBn223
    ASTMB247
2000、6000、7000番 ≤3000kg T6、T4、O、F
鋳型部品
(金型鍛造品)
5000番 ≤2.5m2 O、F
2000、6000、7000番 ≤2.5m2 T6、T4、O、F
 
 



Copyright @ 2016-2029 Henan Chalco