English | 中文 | Español | 日本語

Hotline:+86-371-55689814

2A50アルミ合金鍛造品

2A50はAl-C-Mg-Si系の高強度のアルミニウム型合金で、熱処理強化が可能です。熱状態では高い塑性を持ち、鍛造、プレスをしやすいです。固溶処理による人工時効後の強度はより高く、塑性は良好であるが、押し出し効果があり、縦方向と横方向の性能に差があると推定される。合金の耐食性は良いが,結晶間腐食傾向がある。その抵抗点溶接と溶接の溶接性は良好ですが、アーク溶接とガス溶接の性能は良くありません。切削加工の性能がいいです。

2A50アルミ合金鍛造品
 
2A50アルミニウム合金は鋳造性能が優れているので、大断面鋳塊の生産に適しています。飛行機のフレーム・ブラケット・アームなどの大規模部品を熱鍛造する素地として使われています。形状が複雑で中程度の強度の中小型鍛造品やモールド鍛造品の製造にも使われています。
 
 
2A50アルミ型鍛造品、自由鍛造品の力学的性質
  試料質別 方向 引っ張り強度Rm/MPa 塑性延長強度規定 Rp0.2/MPa 伸び率A
(%)
自由鍛造品 T6 縦方向 365 9.0
T6 長横長 345 6.0
鋳型部品
(金型鍛造品)
T6 縦方向 380 275 11.0
T6 長横長 365 245 7.0
 
 
2A50アルミニウム合金鍛造品の安定化処理の室温引張性能
質別 安定化処理 引っ張り強度Rm/MPa 塑性延長強度規定 Rp0.2/MPa 伸び率A
(%)
温度/℃ 保温時間/h
T6 20 392 12
200 0.5 275 15
100 221 18
T6 250 0.5 177 16
100 98 35
   300 0.5 103 23
100 64 45
             
 



 2A50アルミ合金鍛造品

2A50アルミニウム合金の固溶焼き入れと時効強化の時間間隔は6 h以下であるべきです。過焼温度は545℃、鍛造温度は47-3-370℃です。
 
 
類別 合金 投影面積(㎡)または重量(kg) 質別 生産標準
自由鍛造品 5系 ≤3000kg O、F GBn223
    ASTMB247
2、6、7系 ≤3000kg T6、T4、O、F
鋳型部品
(金型鍛造品)
5系 ≤2.5m2 O、F
2、6、7系 ≤2.5m2 T6、T4、O、F
 
 

Copyright @ 2016-2029 Henan Chalco