English | 中文 | Español | 日本語

Hotline:+86-371-55689814

6151アルミ合金鍛造品

6151アロイT6 T652アルミニウム鍛造品は一般に、良好な鍛造性、高強度および良好な耐食性を有する、型鍛造クランクシャフト部品、機械部品ならびにローリングリングガイドおよび機械部品の製造に使用されている。優れた鍛造性、高い強度、優れた耐食性を必要とする部品はすべてこの合金で加工することができます。
 
プロセス特性
6151型合金の焼鈍仕様は413℃/(2h〜3h)であり、炉は27℃/ h以下の冷却速度で260℃まで冷却され、その後空冷される。溶体化処理温度(510℃〜525℃)/ 4分、室温水中で急冷し、大鍛造品は水中で65℃〜100℃で急冷する。人工エージング仕様(165℃〜175℃)/(8時間〜12時間)熱間加工温度は260℃〜480℃である。
 
機械的性質
6151合金の最も低い機械的性質、サンプルのゲージ長は50mmまたは4dです(dはサンプルの直径です)。 6151合金は低温脆性がなく、25℃での引張強度Rm = 330N / mm2、降伏強度Rp0.2 = 298N / mm2、伸びA = 17%の極低温で加工する部品の加工に使用できます。温度が200℃に低下すると、性能はそれぞれ395N / mm 2、345N / mm 2、および20%に上昇した。 6151合金の使用温度は120℃を超えてはいけません。

 
6151アルミ合金鍛造品

   6151アルミ合金鍛造品化学成分:
 
Alloy Si Fe Cu Mn Mg Cr Ni Zn Ti Ga Others Alu
Each Toal  
6151 0.6--1.2 1.0 0.35 0.20 0.45--0.8 0.15--0.35 -- 0.25 0.15 -- 0.05 0.15 Remainder
 
 
6151アルミニウム合金鍛造品の引張機械的性質
質別 引っ張り強度Rm/MPa 塑性延長強度規定 Rp0.2/MPa 伸び率A
(%)
鋳型
鍛造品 T6
軸は晶粒の流れに平行である。 303 225 14
軸は晶粒の流れに平行である。 303 255 6
圧延円環T6、T652    切向 303 255 5
軸向 303 241 4
径向 290 241 2
 
類別 合金 投影面積(㎡)または重量(kg) 質別 生産標準
自由鍛造品 5000番 ≤3000kg O、F GBn223
    ASTMB247
2000、6000、7000番 ≤3000kg T6、T4、O、F
鋳型部品
(金型鍛造品)
5000番 ≤2.5m2 O、F
2000、6000、7000番 ≤2.5m2 T6、T4、O、F
 
 

Copyright @ 2016-2029 Henan Chalco