English | 中文 | Español | 日本語

Hotline:+86-371-55689814

7050 7150アルミ鍛造品

7050は熱処理と強化が可能なAl-Zn-Mg-Cu高強度合金です。アルミニウム合金は、化学組成を増加させ、亜鉛と銅の含有量を増加させ、粒子を微細化するためにジルコニウムとクロムを置換し、そしてケイ素および鉄のような不純物の含有量を減少させるために7075超硬質アルミニウム合金に基づいて調整される。化学組成および過時効処理の最適化により、アルミニウム合金は高い強度を維持し、高い疲労限度、優れた靭性、優れた耐応力腐食性および優れた焼入性などの優れた総合特性を有しています。その熱間加工性は、優れた溶接性と優れた機械加工性で、7075合金のそれと同様です。
 
7050は主に、航空機構造用の厚板、押し出し成形、自由鍛造、および航空機構造などの型鍛造品などの主軸受構造部品の高強度、良好な破壊靭性、および耐応力腐食割れおよび剥離腐食に使用されます。厚板、押し出し成形品、自由鍛造品、金型鍛造品、胴体フレーム、隔壁、桁、着陸装置支持部品、リベットなど。合金の優れた焼入れ性のために、それは大きな厚い断面のゼロの製造に特に適しています。
小品アルミニウム合金の供給状態はT74、T76、T73であり、高い強度と応力腐食割れを必要とする構造部品についてはT74状態を選択し、高い強度と耐スポーリング腐食性を必要とする構造部品についてはT76状態を選択します。 T73状態は主に高い強度と耐食性を必要とするリベット材料に使用されます。


 
7050 アルミ鍛造品


7050 T74状態のアルミニウム合金の自由鍛造で、ブリネル硬さは158HBWです。
 
7150 T77アルミニウム鍛造品は、高強度で耐食性の7050改良合金です。 7150t651状態は7075よりも10%〜15%高く、破壊靱性は10%高く、そして耐疲労性は良好であり、これら2つの耐SCC性能は同様である。主に大型旅客機の上部翼構造、ボディプレートビームフランジ、上部外側翼主翼縦方向ビーム、胴体補強材、キールビーム、シートレールに使用されています。
 
 
 
 
 
 
 
 
        7050アルミニウム合金T73652自由鍛造品の室温引張特性
材料の厚さ/ mm サンプリング方向 引張強度Rm / MPa 指定塑性伸び強度Rp0.2 / MPa 指定非比例圧縮強度Rpc0.2 / MPa 伸び
A(%)
≤50 縦向 496 434 441 9
长横向 490 421 448 5
>50--75 縦向 496 427 434 9
长横向 483 414 441 5
短横向 462 379 421 4
>50--110 縦向 483 421 427 9
长横向 476 407 434 5
短横向 455 379 421 4
 
       7050アルミニウム合金T736状態ダイス鍛造品の室温引張特性
材料の厚さ/ mm サンプリング方向 引張強度Rm / MPa 指定塑性伸び強度Rp0.2 / MPa 指定非比例圧縮強度Rpc0.2 / MPa 伸び
A(%)
≤50 縦向 496 427 434 7
横向 469 386 400 5
>50--100 縦向 490 421 434 7
横向 462 379 393 4
>100--125 縦向 483 414 434 7
横向 455 372 379 3
 
           7050アルミニウム合金T736状態ダイス鍛造品の室温引張特性
材料の厚さ/ mm サンプリング方向 引張強度Rm / MPa 指定塑性伸び強度Rp0.2 / MPa 指定非比例圧縮強度Rpc0.2 / MPa 伸び
A(%)
≤50 縦向 496 427 434 7
横向 469 386 400 5
>50--100 縦向 490 421 434 7
横向 462 379 393 4
>100--125 縦向 483 414 434 7
横向 455 372 379 3
 
               7050アルミニウム合金鍛造品の低温引張特性
合金 温度 引張強度Rm / MPa 指定塑性伸び強度Rp0.2 / MPa 伸びA
(%)
7050  T73652 -195 662 572 13
-80 586 503 14
-28 552 476 15
 

 

 
   
              7050アルミニウム合金鍛造品の高温引張特性
合金状態 温度/℃ 保温時間h 引張強度Rm / MPa 指定塑性伸び強度Rp0.2 / MPa 伸びA(%)
7050  T73652 24 - 524 455 15
100 0.1--10 462 427 16
100 469 434 16
1000 462 427 17
150 0.1 414 386 17
10 407 386 18
100 365 352 20
1000 290 276 23
175 0.1 379 345 19
10 324 310 22
100 248 234 25
1000 193 172 31
205 0.1 324 290 22
10 221 207 27
100 165 152 32
1000 131 110 45
 
 
7050アルミニウム合金鍛造品の室温せん断特性
自由鍛造品 質別 下記厚さのせん断強度MPa
≤50mm >50--100mm >100--125mm
鋳型部品
(金型鍛造品)
T73652 290 283 283
自由鍛造品 T736 290 283 283
 
鍛造品の固溶化処理は、焼入れ冷却速度を適度に低下させることができるが、熱処理温度を下げ、焼入れ変形を避けるために、水温は55〜65℃が好ましい。
 
溶体化処理の後、自由鍛造品は人工時効の前に予備圧縮されるべきであり、永久変形は内部応力を排除するために1.5%-5.0%です。
 
この合金の成形特性は、7075アルミニウム合金の成形特性と同じです。 初期鍛造温度が高すぎると、熱間鍛造が起こりやすくなり、ハンマー鍛造工程にとって極めて不利となる。
 
 
類別
 
合金 投影面積(㎡)または重量(kg) 質別 生産標準
自由鍛造品 5000番 ≤3000kg O、F GBn223
    ASTMB247
2000、6000、7000番 ≤3000kg T6、T4、O、F
鋳型部品
(金型鍛造品)
5000番 ≤2.5m2 O、F
2000、6000、7000番 ≤2.5m2 T6、T4、O、F
 
 

Copyright @ 2016-2029 Henan Chalco