English | 中文 | Español | 日本語

Hotline:+86-371-55689814

ニュース

航空機用途アルミ鍛造品

航空機用途アルミ鍛造品の特徴:
 
航空機用途アルミ鍛造品は普通、高比強度、剛性の材料を選択して、精度と品質の面で普通の機械製品より鍛造品の要求が高く、広く鋳型鍛造品を採用しています。
 
航空機用途アルミ鍛造品の応用:
 
航空機用途アルミ鍛造品の中には相当数の重要部品に使われています。例えば、高温合金タービン盤、チタン合金圧気盤、超高強度鋼の主離着陸台、飛行機の大梁などの鍛造品は飛行機とエンジンの信頼性と寿命に関係する重要部品です。特に鍛造技術と品質検査を厳しく管理します。大量の故障部品の故障分析と統計結果によると、多くの故障は原材料に冶金欠陥と鍛造プロセスの制御が不適切(その後の他の熱加工過程を含む)、機械加工プロセスと組立プロセスが不適切であることに関係している。故障の性質と影響について言えば、材料と鍛冶部品の冶金欠陥は潜在的なリスクが深く、危害が大きい、問題の処理周期が広いなどの特徴工場があります。
 
 
 
飛行機とエンジンの信頼性と寿命に大きな影響があります。そのため、航空鍛造品とかんざし部品に対する最も基本的な要求は、材料が優れていて、鍛造技術が安定していて、品質検査が厳格であることです。鍛造技術を発展させると同時に、無傷検査技術の発展を重視し、鍛造品の品質を保証します。特に飛行機の重要な承力部材とエンジン回転部品の品質は航空製品の信頼性を高め、その使用寿命を長くすることができます。

Copyright @ 2016-2029 Henan Chalco